本文へスキップ

 新しい視点で創作活動を続ける三軌会 repo

活動報告写真











部長からのメッセージ(絵画部長 山崎巨延)

「絵を描けてさえいればそれだけでよい。絵を描くために食べ、呑み、その体力を維持するために歩く。誰にも負けず常に一番でなくてはならないと毎日毎日カンバスに立ち向かう。広いはずだった住まいも、いつしか生み続けた作品に埋め尽くされてしまっていた。
そんな作家が我三軌会にもいた。
師と仰いだ三軌会の元代表「陶山侃(注:すやまかん)」先生が、若い頃に水彩画の巨匠「中西利雄」に言われたというーー。「自分の背丈をスケッチブックが越えたらまずまずかな」と。
 師のお供をして初めてこの巨匠のアトリエを訪ねた際に驚愕したのは、納戸を埋め尽くしていたスケッチブックの山であった。死ぬまで絵を描き続けたいと願った師は、半生をこのアトリエを仕事場にし、最期も迎えた。
 心して筆を執りたいと思う。

(このページは、順次絵画部の支部展の様子をお伝えします)
 

活動報告写真


 彫刻部の素晴らしいところは何かといえば、国立新美術館において、天井が高く、広々とした展示室を思う存分使えることにある。
ここはなんと恵まれた贅沢な空間だろうか。
この場所に彫刻作品が置かれることによって、個々の作品が一段と生き生きとしてくるのだ。
それと彫刻部は、会員間の意思疎通をよく図ることによって、上下関係やしがらみのない民主主義そのものともいえる運営に努めている。
そのため、出品作品の傾向も、バラエティ−に富んでいて自由だ。
具象を追求したもの、木彫や木の枝を組み合わせたり、鉄を溶接した立体造形作品など、魅力ある作品が会場にたくさん並べられている。
このことがこれから出品しようとしている人をひきつけることにつながる


活動報告写真











     

部長からのメッセージ(工芸部長 川村秀之)

三軌会の工芸の特色は、伝統的な技法、技術を踏まえた表現性の高い作品を追求している仕事が多く、素材も他の工芸団体ではあまりみられない従来の陶、染、金、刺繍、紙、織、フェルトの他に、漆喰、粘土、水引、モザイク等の作品が多数出品されており、多種多様の賑わいを見せている点にある。
これから工芸に出品される作家の皆様には、新鮮で自由な美術工芸的な作品の出品を是非お願いしたい。


(このコーナーは、順次工芸部の近況をお伝えします)


活動報告写真













  (このページは、順次写真部の支部展の様子をお伝えします)
       


三軌会

〒164-0001
東京都中野区中野2-29-15ー201

TEL 03-3380-3911

  詳しくはこちらをどうぞ