本文へスキップ
Japan Art Association sankikai



新しい視点で創作活動を続ける三軌会

プロフィールprofile  

三軌会  Message from Representative


  • 三軌会は、1949年創立、今年で68周年を迎えた現代美術主体の公募美術団体である。
     そもそもは、わが国を代表する水彩作家の一人・互井開一氏がリーダーとなって立ち上げた水彩画の団体であったが、次第に、公募のジャンルを拡大、現在では、絵画(油彩、水彩、パステルなど、日本画以外全般)、彫刻、工芸(陶芸、染色、刺繍、その他各種)、写真(モノクロ、デジタル)の4部門にわたっており、書道等を除くほとんどのジャンルを網羅している。当団体所属のメンバー(会員、会友)は約600人。
     当団体の特徴は、第1に、創立以来伝統的に、個性を尊重、自由な表現を奨励しており、所属作家はのびのびと自己を主張した作品を発表している点。したがって作品の傾向には偏りがなく、多彩である。第2は、運営が民主的で、風通しがいい点。皆で話し合って決める体制を整え、情報の共有化に努めている。
     創立以来毎年1回全国公募の三軌展を開催、2007年からは、東京・六本木に開設された国立新美術館において、5月後半12日間を会期として開催している。展示室面積4千平方メートル、出品者数800人余、展示点数1千点。
     出品に際しては、一定のルールを定めているが、制約要件はなく、もとより年齢、性別、国籍は問わない。広く募集しており、将来性豊かな新人作家の登場を待望している。
     同展開催後は、主な作品を、仙台、名古屋、京都の国内3都市に巡回して展示しており、これらを含めた入場者数は、延べ3万人規模に及んでいる。今後も、一人でも多くの皆様方にわれわれの作品を見ていただきたい、と強く思っている次第である           

                        三軌会代表  平 和夫
    English

 巡回展 Organization and official 


 三軌会の組織(本部と絵画、彫刻、工芸、写真の各部)並びに各役員構成は下記の通り となっている。

   Sankikai is formed by head office and 4 divisions (painting,sculpture handicraft and          photograph ). Detail of organization (Head office and 4 divisions ) and official is as followed.

   組織と支部
    Organization and branch                (平成27年9月12日現在)
 本部
 Head office
三軌会事務所:中野区
Sankikai offiice in nakano-ku
  絵画部
Painting division
支部 Branch

秋田(Akita)・岩手(Iwate)・山形(Yamagata )・宮城(Miyagi)・茨城(Ibaraki)・
群馬(Gunma)・栃木(Tochigi)・千葉(Chiba)・埼玉(Saitama)・神奈川(Kanagawa)・愛知(Aichi)・京都(Kyoto)・兵庫(Hyogo)・北九州(Kitakyusyu)・東京(Tokyo)
  彫刻部
Sculpture division
 部全体で一体運営を行っている
  工芸部
Handicraft division
 同上
  写真部
Photograph division
 支部 Branch

北海道(Hokkaido)・茨城(Ibaraki)・栃木(Tochigi)・群馬(Gunma)・東京(Tokyo)・東京多摩(Tokyo-tama)・千葉(Chiba)・石川(Ishikawa)・富山(Toyama)・大阪(Osaka)・兵庫(Hyogo)・九州(Kyusyu)・長崎(Nagasaki)
  役員
    Official
 役職
Executive
 代表
Represen-‐tative
絵画部長
Painting
chief
彫刻部長
Sculpture chief
工芸部長
Handicraft chief
 写真部長
Photograph chief
事務局長
Adm.
manager
氏名
Name
平 和夫
Kazuo
Tairaa
山崎巨延
Kiminobu Yamazaki
御正進
Susumu
Misyo
川村秀之
Hideyuki Kawamura
池谷眞男
Masao Iketani
小澤 茂
shigeru
ozawa
  (神奈川)  ( 群馬)   ( 東京)  ( 埼玉)   (千葉)  ( 神奈川)

巡回展  Gist 


軌会は、絵画、彫刻、工芸、写真の4部からなる総合美術団体です。
公募展として、毎年5月、国立新美術館にて『三軌展』を開催しているほか、巡回展を東北(仙台)、東海(名古屋)、関西(京都)の3地区で毎年開催しています。
創立以来、個性尊重、新鮮で自由な表現をモットーに、作品本位の審査を行っており、民主的で自由な会風を伝統として運営しています。
同人は、会員、会友のシンプルな構成になっており、東京・中野に独立した事務所を有しています。


  English

       
         三軌会は個性豊かな想像の世界を目指しています



次へ


               copyright©2015 SANKI ART ASSOCIATION all rights reserved

contents