本文へスキップ

 新しい視点で創作活動を続ける三軌会 HEADLINE

ご案内

三軌会では、この度会の将来に向けた活動の一環として、同人と一般の皆様がどなたで
も参加できる
「新賛助会員制度」(三軌サムシングアートクラブ)を設置致しました。

この制度では、三軌会の各部並びに本部が一体となって、年間を通じて会員特典として
色々な催しを企画しまして賛助会員(三軌サムシングアートクラブ員)の皆様に参加の
ご案内をし、新賛助会員各位がこれにご参加いただく中で、公募美術団体三軌会として
の先を見据えた発展的活動を行っていきたいと考えております。

その活動の中では、各支部などを通じた各地の地域情報をもとに、新賛助会員と地域の
皆様との連携を深める事や、三軌会所属作家の作品等を通じた海外への情報発信も目指
していきたいと思っております。

時代は日々変化しておりますので、会としても時代の流れを先取りすべく活動の間口も
広げまして、会の使命でもあります公募美術団体としての芸術文化の振興に寄与する
役割をきちんと果たすとともに、、同人並びに一般の皆様が一つになって新しい方向性
の中で今後の活動に精進していきたいと考えておりますので、是非この新制度に対し
まして、暖かいご理解、ご協力をお願いいたします。






「三軌会新賛助会(略称:新賛助会)」
 「SANKI  SOMETHING ART CLUB(略称:三軌サムシングアートクラブ)」




新賛助会員(三軌サムシングアートクラブ員)として、同人並びに一般の方を対象に募集します。どなたでも参加できます。



年間3,000円とし、会費の納入をもって会員登録を行い、その間は会員資格を有します。会員には新賛助会員証を発行します。
今回新賛助会員にご登録戴いた場合は、会費は2019年6月末日までの分として取り扱いさせていただきます。




 
  本展ご招待(招待チケットの贈呈)
      展示場内の三軌会休憩室の利用もできます。

  
講演会のご案内(内容はその都度決定します)
  
実技講習会のご案内(絵画や工芸並びに写真部門等)
   
美術鑑賞会のご案内(国内の著名な美術館を中心にご案内します)
  
サムシングアート美術展のご案内

         第1回目の「サムシングアート美術展 in 横浜・寺家の里」が開催されます。
         絵画、工芸、彫刻、写真の同人並びに一般の出品者計23名が作品を展示します。

          日時:平成29年11月10日(金)〜同18日(土)火曜日は定休日
            午前10時から午後5時まで

          講演会:12日(日)
               午前11時から 「絵の対象と構図」  講師 小澤 茂
               午後1時から  「透明水彩の描き方」 講師 平 和夫
              18日(土)
               午前11時から 「折り紙」      講師 半田 ゆかり
               午後1時半から 「室内照明写真撮影」  講師 池谷眞男

          場所:神奈川県横浜市青葉区寺家679 ギャラリー「木瓜の里」

          交通:田園都市線「青葉台駅下車」、バス青31系統「鴨志田団地」行、鴨志田団地下車
            徒歩5分 もしくは青30系統「寺家町循環」寺家ふるさと村下車すぐ。
 
  別会社の「トキオアルミシオン」への作品の販売(貸付も含む)委託    
     
  同人の新賛助会員(希望者)が対象となります。
         希望者は別途「作品の販売等に係る委託契約書」の締結が必要となります。
         すべての新賛助会員は「トキオアルシオン」にて、優待価格にて作品の購入ができます。

 


                                 
       新賛助会に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

三軌会

〒164-0001
東京都中野区中野2-29-15ー201

TEL 03-3380-3911

  詳しくはこちらをどうぞ

information1-1.htmlへのリンク